トップへ » 治療について » 小児歯科 » 子どものむし歯

子どものむし歯

子どものむし歯子どもの歯は柔らかく、石灰化が完全に進むまで生えてから2~4年かかります。そのため、子どもの歯は大人の歯に比べてむし歯になりやすいのです。また、お菓子やジュースを好んで摂取することもむし歯の要因となります。

<乳歯のむし歯の要因となること>
・哺乳瓶でジュースを飲む
・卒乳児期が遅い
・歯磨きの開始時期が遅い
・フッ化物配合歯磨剤の利用開始時期が遅い

乳歯がむし歯になると?
いずれ永久歯と入れ替わる乳歯は、むし歯になってしまっても構わないと思っていませんか?実は、乳歯のむし歯は、その後生え変わる永久歯へさまざまな悪影響を与えてしまうのです。乳歯のむし歯治療は、初期のむし歯治療同様とても簡単なものですので早めの受診をおすすめします。

<乳歯のむし歯が及ぼす悪影響>
・永久歯の質・形が悪くなる
・永久歯の歯並びが悪くなる
・発音に障害が出る
・口における悪い癖が出やすくなる
・体全体やあごの発育が悪くなる


トップへ » 治療について » 小児歯科 » 子どものむし歯


PAGE TOP