トップへ » 治療について » インプラント » 【当院のインプラント治療の特徴3】増骨手術

【当院のインプラント治療の特徴3】増骨手術

増骨手術インプラントは、あごの骨が少なくなっている方には打つことができません。歯周病やむし歯の悪化によって一度歯を抜いてしまうと、あごの骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫であごの骨が薄くなってしまうことがあります。

しかし、あごの骨が少なくなった患者さまでも、「増骨手術」であごの骨を補えばインプラント治療が可能となる場合があります。

当院が手がける主な増骨手術
●サイナスリフト
上あごの奥歯の上方にある「上顎洞」(サイナス)という空洞に、補填材を填入し骨を作っていきます。補填材とは、骨と同様の組成で最終的に自家骨に置き換わっていくものを指します。サイナスリフトは、上あごの骨が少ない場合に行います。

●ソケットリフト(オステオトーム)
インプラントを入れる部分を棒状の器具を使って叩き、骨を上顎洞側に移動しインプラントを入れるための高さを作ります。上あごの骨が4mm以上の厚みがある場合に行う手術です。

●GBR
まず、骨が不足している箇所を特殊な膜で覆い、骨を作るスペースを確保します。そのスペースに骨のもととなる素材を詰めていき、骨の再生を促していく手術です。


トップへ » 治療について » インプラント » 【当院のインプラント治療の特徴3】増骨手術


PAGE TOP