トップへ » 治療について » インプラント » 入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントの違い

歯を失ってしまったとき、インプラント治療か入れ歯治療のどちらかを選択できます。では、インプラントと入れ歯の違いとは何でしょうか?

インプラントと入れ歯の特徴
●インプラント入れ歯とインプラントの違い
入れ歯のように両隣の健康な歯を削る必要がなく、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要もないので、残っている健康な歯に悪影響がありません。また噛む力が強く、見た目も天然の歯とあまり変わりません。

●入れ歯入れ歯とインプラントの違い
バネで両隣の歯を固定するため、不安定で噛む力は弱くなります。また、異物感が強く食べ物が挟まったり、入れ歯が合わなくて痛くなったりというデメリットがあります。

<インプラントのメリット>
・咀しゃく能力が入れ歯の倍以上
・違和感がない
・メンテナンスをしていれば一生もつ

<インプラントのデメリット>
・外科処置があって費用が高い


トップへ » 治療について » インプラント » 入れ歯とインプラントの違い


PAGE TOP