トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 【当院の主な入れ歯治療】金属床義歯

【当院の主な入れ歯治療】金属床義歯

金属床義歯義歯床が金属でできている入れ歯を「金属床義歯」といいます。金属の義歯床は入れ歯を薄くすることが可能です。そうすると、保険内のものよりも、発音がしやすく違和感も少ない総入れ歯を作ることができる場合が多くなります。

ただし、金属床義歯は修理が難しく高価なので、保険の入れ歯がどうしても合わない場合におすすめしています。

<メリット>
・ほとんどの症例で使用が可能
・発音がしやすく違和感が少ない総入れ歯が作りやすい
・金属は熱伝導性に優れているので、食事の際の温度感覚が自然に近くなる
・汚れが付きにくく清潔
・フィットした入れ歯が作りやすい
・割れにくく変形しにくい

<デメリット>
・咀しゃく能率が天然の歯の約10~20%と低い
・修理が難しい
・あごの骨が痩せるにつれて合わなくなってくる
・定期的な調整が必要
・落ちたり外れたりしやすい
・金属アレルギーの原因となりやすいコバルトクロム合金を含んでいる
・比較的高価である


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 【当院の主な入れ歯治療】金属床義歯


PAGE TOP