トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴 » 大学院、研修医時代に学んだたくさんの知識

大学院、研修医時代に学んだたくさんの知識

院長あいさつ大学の歯学部に入学して一番驚いたのは、歯科医療の正確さ、そこがミクロの世界であることでした。歯の神経というのは、髪の毛一本の厚さまでわかる繊細なものだったのです。それまで持っていた歯医者さんのイメージがガラッと変わった瞬間でした。

それからは大学で学ぶすべてのことが新鮮で、勉強が楽しくて仕方ありませんでした。大学院まで進んだ私は、歯を支える根本である骨について興味をもち、研究に取り組みました。それに加え、当時歯科治療の最先端であったインプラントの勉強にも没頭したのです。

大学院へ進んだのは、勤務医として働いたり開業したりする前に、しっかりと基礎を学びたいと思ったからです。

大学院を卒業し、勤務医として働きだしてからは、学校では学べない現場の知識と実践を習得することができました。勤務医としてさまざまな医院で経験を積み、それぞれの医院の良い部分も悪い部分も吸収して成長することができました。


トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴 » 大学院、研修医時代に学んだたくさんの知識


PAGE TOP