トップへ » 治療について » 一般歯科

一般歯科

痛みのない治療を行っています。「患者さまの立場にたった治療」がポリシーです。

一般歯科

「治療の基本は無痛治療」です。どんな治療であっても「無痛治療」を心がけ、患者さまの負担軽減を考えています。当院の無痛治療は「麻酔」を使用した治療方法です。麻酔そのものの痛みを減らす表面麻酔や、麻酔注入時の痛みを和らげる電動麻酔を採用しています。

表面麻酔
麻酔注入時の「チクリ」とした痛みが苦手、という方も少なくないと思います。表面麻酔は、歯ぐきの表面の知覚神経をマヒさせる麻酔なので、麻酔針を刺すときの痛みを軽減してくれます。液状・ジェル状・スプレー状などの麻酔薬を、歯ぐきに直接塗ったり吹きかけたりする麻酔法です。

電動麻酔
電動麻酔は、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入する電動注射器です。麻酔注入時の痛みの原因である圧力を抑え、麻酔の痛みを和らげる効果があります。

むし歯のメカニズムと治療法

一般的にむし歯の進行状態は、「Co~C4」までの5段階に分けられます。自分の歯の状態をしっかり確認してみましょう。

状態と治療法
【Co】CO
むし歯の初期状態です。まだ歯に穴が開いていない状態を指します。むし歯抑制効果のあるフッ素とキシリトールで、歯を再石灰化させることで改善できます。

【C1】C1
歯の表面に穴が開いた状態です。痛みは伴いません。治療方法としては、むし歯部分を最小限に削って詰めます。

【C2】C2
歯の表面の下にある象牙質までむし歯が達した状態です。まだ神経まで達しておらず、強い痛みはありません。麻酔を用い、削って型を取り、できあがったものを詰める治療方法です。

【C3】C3
むし歯が神経まで達してしまい激痛を伴う状態です。歯根膜に炎症が起きると、歯根膜炎になってしまうこともあります。麻酔を使用し、むし歯部分を大きく深く削り、神経を抜き取る治療が必要です。

【C4】C4
むし歯を放置し神経が死んでしまった状態です。むし歯菌によって心臓病や腎臓病を引き起こす可能性もあります。治療方法としては抜歯となってしまう場合が多くなっています。


トップへ » 治療について » 一般歯科


PAGE TOP