トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴

後悔はさせません。私自身が受けたくなる治療を目指しています

院長あいさつ

当院のポリシーは「私自身が受けたくなるような治療を行う」こと。保険内でできる最大限の治療、本当に良い補綴のご提供、高い技術を持った衛生士や技工士の採用などを徹底しています。これらはすべて、患者さまに笑顔でお帰りいただくための精一杯の想いです。

また、当院では「患者さまの笑顔」を大切にし、家族のように親身になって治療をさせていただきます。当院の看板を見て選んでいただいたからには、患者さま一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療で喜んでいただきたいと考えています。「私自身が受けたくなるような」魅力的で確かな治療を実施してまいります。

歯で悩む人々に、食べることの楽しさを伝えたい

院長あいさつ幼い頃、私は歯の悪い両親と祖父を見て育ってきました。特に祖父は入れ歯を入れるだけで出血してしまうほどでした。食事も思うようにできず、食べることが苦痛になってしまっていたのです。

そんな祖父の姿を見ていて「食べること」の大切さ、楽しさについて考えるようになりました。そうした思いがあり、高校生になる頃には、歯科医師を目指すようになっていました。

大学院、研修医時代に学んだたくさんの知識

院長あいさつ大学の歯学部に入学して一番驚いたのは、歯科医療の正確さ、そこがミクロの世界であることでした。歯の神経というのは、髪の毛一本の厚さまでわかる繊細なものだったのです。それまで持っていた歯医者さんのイメージがガラッと変わった瞬間でした。

それからは大学で学ぶすべてのことが新鮮で、勉強が楽しくて仕方ありませんでした。大学院まで進んだ私は、歯を支える根本である骨について興味をもち、研究に取り組みました。それに加え、当時歯科治療の最先端であったインプラントの勉強にも没頭したのです。

大学院へ進んだのは、勤務医として働いたり開業したりする前に、しっかりと基礎を学びたいと思ったからです。

大学院を卒業し、勤務医として働きだしてからは、学校では学べない現場の知識と実践を習得することができました。勤務医としてさまざまな医院で経験を積み、それぞれの医院の良い部分も悪い部分も吸収して成長することができました。

北摂の皆さんの歯の健康は「山下歯科医院」にお任せください

院長あいさつ研修医を終え開業を考えたときには、大学時代そして研修医時代を過ごしたこの「北摂」が真っ先に思い浮かびました。地域の特色や患者層も周知していたので、即戦力として地域の皆さんのお役に立てるのではないかと思いました。

おかげさまで開業当初から地域の皆さんに支えられ、今日まで歩んでくることができました。これからも地域に根ざした「街の歯医者さん」として、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、家族で通っていただけるような歯科医院を目指してまいります。

コミュニケーションを大切に、患者さまの立場にたった治療を心がけております。来ていただければきっと気に入っていただけると思います!皆さんのご来院を心よりお待ちしております。

院長プロフィール

院長あいさつ山下歯科医院 院長 山下 健二

【経歴】
平成11年 大阪大学歯学部卒業
平成15年 大阪大学補綴科大学院卒業 博士号取得
平成11年~20年 大阪大学歯学部付属病院、地域の歯科医院にて勤務
平成20年 山下歯科医院開業

【所属学会】
日本補綴歯科学会
日本口腔インプラント学会
日本骨代謝学会
大阪大学歯学会
日本歯科医師会
大阪府歯科医師会
茨木市歯科医師会


トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴


PAGE TOP