トップへ » 治療について » 小児歯科

小児歯科

押さえつけての治療はしません。保護者の方とお子さんが一緒のスペースで治療を受けられるので安心です。

小児歯科

子どもの歯は、基本的に神経がすぐに死んでしまうので、痛みが伴うのは2日程度です。そのため当院では、怖がったり嫌がったりして暴れるお子さんを無理やり押さえつけての治療はしていません。もちろん、それでも治療を進めてほしいというご希望があれば治療を行います。

当院では、お子さんの歯の進行状況やむし歯になりそうな歯など、しっかり保護者さまに状態を把握いただいた上で治療しています。また、自宅でもケアができるよう、ブラッシング指導もしています。むし歯のない人生を送っていただくためにも、幼少期から定期的に歯科医院に連れてきていただくことをおすすめします。

子どものむし歯

子どものむし歯子どもの歯は柔らかく、石灰化が完全に進むまで生えてから2~4年かかります。そのため、子どもの歯は大人の歯に比べてむし歯になりやすいのです。また、お菓子やジュースを好んで摂取することもむし歯の要因となります。

<乳歯のむし歯の要因となること>
・哺乳瓶でジュースを飲む
・卒乳児期が遅い
・歯磨きの開始時期が遅い
・フッ化物配合歯磨剤の利用開始時期が遅い

乳歯がむし歯になると?
いずれ永久歯と入れ替わる乳歯は、むし歯になってしまっても構わないと思っていませんか?実は、乳歯のむし歯は、その後生え変わる永久歯へさまざまな悪影響を与えてしまうのです。乳歯のむし歯治療は、初期のむし歯治療同様とても簡単なものですので早めの受診をおすすめします。

<乳歯のむし歯が及ぼす悪影響>
・永久歯の質・形が悪くなる
・永久歯の歯並びが悪くなる
・発音に障害が出る
・口における悪い癖が出やすくなる
・体全体やあごの発育が悪くなる

保護者さまも安心して治療が受けられる環境です

キッズスペースありキッズスペースあり
当院は、お子さん連れのお母さんにも安心してゆっくり治療に専念していただけるよう、キッズスペースを設けています。またお母さんが治療中、診療チェアの横にシートを敷いておもちゃで遊ばせることや、寝かしつけておくことも可能です。

もちろん、お子さんの治療中もお母さんがすぐそばで見守ってあげることもできますので、お子さんもリラックスして治療できます。

頑張った子にはプレゼント
子どもにとって、歯医者さんはやっぱり怖いもの。そのため、その怖さを克服し治療を頑張ったお子さんのために、ささやかながらプレゼントをご用意しています。消しゴムなど些細なプレゼントですが、頑張ったらご褒美がもらえる嬉しさを感じ、次の治療も頑張ろうと思っていただけるよう心がけています。


トップへ » 治療について » 小児歯科


PAGE TOP