トップへ » 治療について » 歯周病治療

治療はたっぷり1時間、歯の健康と美しさを取り戻す歯周病治療

歯周病治療を大切にしています。SRP(スケーリング・ルート・プレーニング)を丁寧に行うことで、手術なしで負担を軽減した回復を目指します。

歯周病治療

当院のポリシーは「お口の中をキレイにしてから治療を進める」こと。そのために欠かせないのが、歯周病治療です。まず歯ぐきをキレイにすることで、すべての治療に最適な効果をもたらすことができるのです。

もちろん、痛みを伴っている場合ははじめに痛みを取り除く治療をします。その後治療の流れを丁寧にご説明し、患者さまご納得のもと歯周病治療に進みます。多少お時間はかかりますが、歯ぐきをキレイに引き締めてから行う治療は効果も抜群ですし、被せ物や詰め物も固定されやすくなるのです。

歯周病とは?
院長あいさつ歯周病とは、歯の土台である歯槽骨が徐々に破壊され、最終的に歯が抜けてしまう病気です。近年では、成人の約7割が歯周病に犯され、さらには若い方でも発症しやすい病気と言われています。歯周病の恐ろしさは、最初はほとんど症状がなく、手遅れに近い末期状態ではじめて症状が現れるところです。

歯垢が石灰化して歯石になると、歯と歯肉の付着部分に「歯周ポケット」という隙間ができます。そこに炎症が起き歯肉内部にまで進んでしまうと、歯根膜や歯槽骨が壊され、歯を固定する力が弱まってしまうのです。この状態を放っておくと最終的に歯を失ってしまいます。

歯周病の怖さ

歯周病は、歯が抜け落ちてしまうだけでなく、人体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

●糖尿病
糖尿病は、慢性的に血糖値が高くなり全身の免疫力が落ちてしまう病気です。悪化するとさらなる合併症を引き起こす可能性もあります。

●肥満
歯周病による炎症が肥満を招いている場合もあります。また、肥満の方は脂肪細胞によって全身に炎症が起きている状態ですので、歯周病の炎症を悪化させやすいとも言われています。

●脳卒中
血液中にある歯周病菌が「アテローム性プラーク」と呼ばれる脂肪性物質の沈着物を作ります。それが原因で血栓ができ、脳の血管にまで運ばれ発症してしまいます。

●早産/低体重児出産
歯周病は、女性ホルモンにまで悪影響を及ぼす場合があります。歯周病菌に含まれる毒素や炎症物質の濃度が血液中で高くなると、子宮筋が収縮し胎児が十分に成長できない状態で出産に至る可能性が高まります。その結果、体重2,500グラム未満の低体重児の出産や早産の恐れもあるのです。

●誤嚥(ごえん)性肺炎
誤嚥性肺炎とは、高齢者の死亡原因として非常に多い肺炎です。口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こる病気です。口腔機能が衰え、口内に細菌が多い高齢者は誤嚥性肺炎を招きやすくなってしまいます。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療当院では、すべての患者さまに歯周病の恐ろしさ、歯周病治療の大切さをお伝えするため、初診時にアニメでわかりやすくご説明させていただいています。ご理解いただいたあとは、SRP(スケーリング・ルート・プレーニング)でじっくり時間をかけて治療を行っていきます。

SRPを行うことでほとんどの方は改善されますが、重度の患者さまの場合は手術が必要になる場合もあります。

当院では、歯の寿命や患者さまの身体面・費用面での負担を考え、SRPを採用しています。また、噛み合わせが悪い方や歯ぎしりをしてしまう方には、治療後のナイトガードをおすすめしています。

SRPとは
当院の歯周病治療SRPとは、「スケーリングルートプレーニング」の略称です。スケーラーとキュレットと呼ばれる専門の細長い器具を使い、歯根の部分に付着している隠れた歯垢や歯石を取り除きます。歯ぐきの中に器具を入れ処置しますので麻酔を用います。

SRPでは、歯周ポケットの深部までキレイにし、歯の根の表面をツルツルに磨くことができます。ですから、むし歯や歯周病になるリスクを抑え、むし歯トラブルの原因も除去することができるのです。

ナイトガードとは
歯ぎしり治療として最も一般的に使用される、透明のプラスチック製マウスピースのことをナイトガードと言います。夜寝るときにマウスピースを装着することによって、歯やあごにかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげます。

またナイトガードには、歯周病の進行を抑える効果も期待できます。当院の院長も自ら使用し、その効果を実感しています。


トップへ » 治療について » 歯周病治療


PAGE TOP